クラミジアと淋病の比較

似ている症状になりますが、別の原因によって引き起こされ、また同時感染することが多い性病になります。日本人の性病感染者のなかでクラミジアと淋病はともに高い罹患率になっていますので、要注意な性病です。

 

クラミジアの特徴

クラミジアトラコマティスという病原体によって感染するのがこの病気です。粘膜の接触や精液、膣分泌液に触れることで感染します。

男性は尿道に感染することが多く、女性は子宮頚管から感染します。この病気は自覚症状がでにくく、それによって知らない間に他の人に移してしまったり、感染が体内に広がり、他の症状によって感染が明らかになることも多いです。もし症状が出るとしたら男性は尿道の痛みやかゆみと膿、女性はおりものの増加や不正出血、下腹部の不快感、性交時の痛みが表れます。

 

淋病の特徴

この性病は淋菌の感染によって引き起こされます。クラミジアによく似た症状になっているのが特徴です。ただし男性は症状が出やすいのが淋病の違う点です。一方女性はクラミジアと同様に症状がでにくく、発覚したときは感染が広がっていることもありますので要注意です。

またクラミジアと淋病両方ともに言えることですが、女性は感染することによって不妊症の直接的な原因になることがあります。また出産時に赤ちゃんに感染させてしまうことから、産婦人科で検査をしたときに感染していることがわかることもあります。それほど淋病とクラミジアは女性にとって症状が出にくい性病です。

 

口腔内の感染も

性病というと性器だけの感染を想像する人も多いですがクラミジアは口腔内にも感染するのが特徴です。現在はアダルトビデオの影響や風俗によってフェラチオによる感染も増えています。

口腔内や喉に感染し、感染者がフェラチオをすることによって、男性の性器にも感染します。その逆もあり、女性の性器をオーラルセックスをすることによって、男性側の口腔内が感染されることもあります。よってコンドームやラップを用いてオーラルセックスを楽しむことも重要な対策になります。

 

両者とも症状がよく似ている

クラミジアと淋病ともに症状がよく似ていますので、どちらに感染しているのかは本人ではわかりません。クラミジアの方が感染者が多いですが、同時に淋病に感染していることも良くあります。性病検査をしたときにどちらかに感染していることがわかるほど、症状がとても良く似ているのが特徴です。

 

若い人が多いが中年にも増えている性病

クラミジアは性行動が活発化する高校生くらいから感染が多くなり、それに伴い淋病も感染者が多くなります。ただ最近は風俗の利用によって中年にも感染者が増えている傾向があります。またクラミジアや淋病だけではなく、梅毒やHIVへの感染者も年々増えていますので、不用意なセックスを避ける必要があると言えるでしょう。

 

徹底した予防はセックスの仕方

クラミジアや淋病、その他の性病感染予防の基本は、セックスの在り方になります。不特定多数のセックスをしないのが基本であり、ひとりのパートナーに絞ることが大切です。またそれに伴いコンドームの着用によって性器への感染を防ぐこともできます。ただし口腔内にも感染する特徴がありますので、だからこそパートナーを絞ることが重要です。

 

後悔しない対策と予防を

不妊症の原因になることがありますので、だからこそ後悔しない対策と予防が必要になります。基本はセックスからの感染になりますので、雰囲気に流されない道徳的なセックスをすることが予防に有効的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 2017.09.20 | 未分類

    恥ずかしい気持ちが手遅れになることも
    たしかに性病に罹っているのかの有無を確認するのは恥ずかしい行…
  2. 2017.09.20 | 未分類

    性行為の経験がある人は誰にでも可能性がある
    自分には関係がないと決めつけるのはご法度になるのが性病です。…
  3. 2017.09.20 | 未分類

    検査をすることで始める性病対策
    自覚症状がないことで、最終的には検査をしなければ感染をしてい…
  4. 2017.09.20 | 未分類

    ちょっとした遊びを経験している人も感染しているかもしれない
    その場の勢いで体の関係になってしまうことも大人であればあるで…
  5. 2017.09.20 | 未分類

    ある事情が病院に行きにくい環境になっている
    淋病やクラミジアは日本人が罹患しやすい性病として有名です。病…

カテゴリー

アーカイブ